もっと眠たい。

毎日グミ食ってるやつの気になったこと

常時SSLならZenlogicがおすすめの理由<PR>

常時SSLレンタルサーバーはZenlogicがおすすめ!

f:id:kurometi:20161017202251p:plain

 「常時SSL」のためのレンタルサーバーZenlogic

そもそも「常時SSL」って何? 

Webサイトを悪用できないように暗号化通信することを「SSL」といいます。

簡単にいうとSSLとはWebサイトとサーバーの間の通信を暗号化することです。

さらに「常時SSL」とは、Webサイトのすべてのページが暗号化されている状態のことを指します。

 

じゃあ常時SSLとSSLってなにが違うの?

常時SSLされていないWebサイトとは暗号化されていないページまたは、個人情報を入力するログインページやフォームなどの一部のページのみ暗号化している場合のことを指し、常時SSLとはすべてのページを暗号化している状態です。

「じゃあ、一部だけ暗号化したらいいじゃん!」と思いがちですが、すべてのページを暗号化することで利用者のログイン情報やクレジットカードなどの決済情報だけでなく、Cookieへの不正アクセス(盗聴)も防ぐことができます

 

Cookieとは?

WebサイトとWebブラウザーの間で、データをやり取りする仕組み。Webサイトを訪問した際に、WebサーバーがデータをWebブラウザーに送信する。Webブラウザーは、その内容をローカルのハードディスクにテキストファイル(Cookie)で保存しておき、次回そのサイトを訪れたときにはWebサーバーにそのCookieを送信する。Cookieの内容はCGIやJavaScriptで参照できるため、内容に応じてページを書き換えたり、送信するページを切り替えたりできる。Cookieを有効にするかどうかはWebブラウザーで選択できるが、ページの切り換えを制御する必要があるオンラインバンキングやショッピングサイトでは、Cookieの使用が必須になることが多い。一方で、アクセス履歴などの個人情報が読み取られる懸念があり、定期的に消去するといった、自衛策が取られることもある。

cookie(くっきー)とは - コトバンク より引用

 つまりCookieとはWebサイトがWebブラウザを通して利用者のコンピュータに一時的に情報を書き込み保存させる仕組みのことです。

このCookieへの不正アクセスにより他人になりすまし記事の投稿、削除やユーザ情報の変更、削除行うことができてしまいます。

 常時SSLにより第三者による盗聴を心配せず利用者は安心してページにログインしたり、クレジットカードを使って買い物することができます。

つまり常時SSLとはWebサイト運営には必須の技術です。

 

常時SSLされているページとは?

常時SSLされているページはURLが【https://】から始まり、アドレスバーに鍵マークが付きます。これによって一目で常時SSLされていることがわかります。

GoogleをはじめYouTube、Twitter、Facebookなどの大手Webサイトはすでに常時SSLが行われています。

一方で常時SSLされていないページのURLは【http://】から始まります。

 

常時SSLするメリットとは?

  • 検索順位が有利になる!

「常時SSL化しているWebサイトは利用者が安心して使うことができる」と評価され、2014年にGoogleが「SSL対応したページの検索順位を引き上げる」と公式発表しました。

これは常時SSL対応はWebサイトの「SEO対策」になるということを意味します。

さらにGoogleのプラウザである「Google Chrome」を使って常時SSLされていないWebサイトにアクセスすると警告が出たり、表示されない場合があります。

 

  • アクセス解析に強い!

Webサイトを運営していく上でアクセス解析は一番重要な項目の一つです。

またSEO対策を行う場合もどのページから訪問しているのか、リファラー情報を知ることは大切です。

もし解析を行うWebサイトが常時SSL化されていない【http://】で始まる場合、【https://】から始まる常時SSL化されているページからの訪問を判別することができません。

しかし解析を行うWebサイトが常時SSL化し、すべてのページを、【https://】から始まるサイトにすると、リンク元の常時SSLにかかわらず【http://】でも【https://】からの訪問でもリファラー情報を得ることができるようになります。

 

以上のことからWebサイトでの利用者の個人情報が保護されることに加え、運営者にも大きなメリットがあります。

 

常時SSLするならレンタルサーバーはZenlogicがおすすめ 

Webサイトを「常時SSL」にするためには、SSLサーバー証明書が必要になります。
「SSLサーバー証明書」は無料で利用できるものとお金がかかるものがあります。有料の場合は数十万円かかることもあり、種類や認証局の違いによって費用に差があります。

まずは無料のSSLサーバー証明書で始めてみるのがおすすめです。

 

Zenlogicなら 

  • セキュリティ業界大手シマンテックグループの「SSLサーバー証明書」が無料で利用できます
  • 1つのサーバーに複数のSSLサーバー証明書が設定可能です
  • 初期費用0円、月額890円~/ディスク容量最大2TBと低価格で大容量利用できます

 詳しくは

 

まとめ

「常時SSL」を検討されている方はぜひZenlogicをチェックしてみて!

 

f:id:kurometi:20161017202349p:plain

常時SSL化の取組み|ファーストサーバの取組み|Zenlogicのファーストサーバ株式会社

宅配寿司 銀のさら